まぶたのへこみのせいで、やつれた老け顔に見られてしまう。

目周りが痩せこけた顔は、干からびた花しかり、女性としての魅力が枯れた印象を与えてしまいます。

まぶたのくぼみ

ご覧のように、私は瞼・目の下・こめかみの全てが痩せてしまい、実年齢以上に老けてしまいました。

が、PRP注射を行うことで、下の写真のように生き生きとした自分を取り戻すことができました。

まぶたのへこみにPRP
※当画像は管理人本人です。ノーメイクで撮影。施術部位の加工・補正は一切していません。

このアフター写真は、PRP注射から2年2ヶ月後の今現在(38歳)の写真です。
健康的な目元になり、数年前の自分よりも若々しく見えています

まぶたのくぼみにPRP
※ノーメイク撮影、施術部位の加工・補正なし。以下同

本記事では、特に「瞼のへこみをどうにかしたい」とお悩みのあなたに、私が受けた目の上PRP注入についてご紹介します。

※私がまぶたにPRP注入をしたクリニックはこちら⇒聖心美容クリニック

まぶたのくぼみをPRPで解消!そもそもPRPて何?効果はいかほど?症例写真で確認

まぶたのくぼみをPRPで解消

PRP注入は、落ち窪んだまぶたやこめかみ、頬などに肌再生を起こさせて、ふっくらさせる施術です。

自身の血液から取り出された「血漿版(成長因子)」を凹んだ部位に注射して、肌組織を部分的に新生させます。アレルギーなどの心配がない安全性の高い若返り治療として、近年注目を浴びている施術です。

PRPの原理については別記事でくわしくお案内していますので本記事では省略しまして、ここではまぶたへのPRP注入のメリットや注意点についてお伝えしていこうと思いますが、その前に私の症例写真をご覧になって、PRPによる肌再生の効果をご確認いただけたらと思います。

まぶたのくぼみにPRP注射をした症例写真

下の写真が、私が目の上PRP注入をした時の写真です。

【施術前のまぶた(目の上)】

まぶたのくぼみにPRP注入する前
※当画像は管理人本人です。ノーメイクで撮影、施術部位の加工・補正は一切していません。以下同。

PRP注入をする前の状態です。

【目の上PRP 1ヶ月後】

まぶたのくぼみにPRP注入 1ヶ月後

PRPは、注入後すぐに効果がでるのではなく、早くて1ヶ月後くらいから反応が起こり始め、2~3ヶ月かけてピークに達します。
この時点では目だった変化はありません。

【目の上PRP 3ヶ月後】

まぶたのくぼみにPRP注入 3ヶ月後

ピークと言われる3ヶ月時点の写真です。へこみは浅くなりましたがまだくぼんでいます。「改善した」と言い切るには物足りない状態です。

そこで、追加注入を選択。私が受けた聖心美容クリニックは、追加注入が非常にお安くうけることができます。(料金については後でくわしくお伝えします)

【目の上PRP 2回目 3ヶ月後】

目の上PRP注入 2年後

追加注入して3ヶ月後の写真です。
ご覧のように、くぼみがしっかりと解消されました。

(これまで5か所にPRPをしてきて、追加注入の必要があったのは今回がはじめてでした。PRPの効きには、部位差もあるようです)

【目の上PRP 2年2ヶ月後】

まぶたのくぼみにPRP注入 2年後

注入から2年2ヶ月が経った現在の写真です。ご覧のように、ピーク時の状態を維持できています。

まぶた(目の上)PRPの効果をビフォーアフターで比較

施術前と、ピークと言われている注入3ヶ月後の写真を比べてみました。

【目の上PRP 1回目 3ヶ月後を比較】

まぶたの凹みにPRP 1回目 3ヶ月後を比較

PRP1回目のピーク写真です。この時点でも、改善効果が確認できます。

【目の上PRP 2回目 3ヶ月後を比較】

まぶたの凹みにPRP 2回目 3ヶ月後を比較

2回目の注入から3ヶ月後の写真との比較です。しっかり改善された、という印象です。

最後に、施術から2年経過した現在の状態と比較してみます。

【目の上PRP 2年後の状態との比較】

目の上の凹みにPRP 2年後の状態との比較

2年経過時点での比較をしても、ピーク時と比べて効果の減退は見られません。
PRPの効果は3~5年持続すると言われていますので、あと1~3年はこの状態を維持できると予想しています。

…写真をご覧いただいて、PRP注入に興味をお示し下さったなら、私としても嬉しいです。

ただ、PRPにはメリットもあれば、注意点もありますので、これからお伝えしていきますね。

「とにかくあなたが5回もPRP注入してるクリニックを教えて、詳細はそこで確認するから!」と言う人はこちらからどうぞ。

⇒聖心美容クリニック公式HP PRPの解説ページを見る

まぶた(目の上)PRP注入のメリットとリスク・副作用

まずは目の上へのメリットからお伝えしますね。

まぶた(目の上)PRP注入のメリットは、確実性が高く、かつ自然に仕上がること

目の上のくぼみの改善策として考えられるのは、注入によってふっくらさせる施術です。
「顔コケは表情筋トレーニングで改善する」と解説するサイトもありますが、顔のパーツが落ち窪むのは、皮下脂肪の減少、もしくはコラーゲン・ヒアルロン酸などの肌内部の弾力成分の減少が原因です。瞼のくぼみを解消しようと「眼輪筋」を鍛えたところで、脂肪やコラーゲンが減った箇所に膨らみは戻りません。

くぼみを解消するための注入施術は、PRPの他に「ヒアルロン酸注入」や「脂肪注入」「FGF(線維芽細胞増殖因子)注入」があります。

ヒアルロン酸を目の上に注入すると、時間の経過と共に、重力にしたがって注入物が少しずつ下方移動するリスクがあります。また、不自然に盛り上がるリスクもあります。これは脂肪注入にも言えます。

PRPは肌組織そのものを増やす治療法のため、前者に比べて自然な仕上がりになりやすいです。
FGFも肌再生を促す注入施術ですが、爆発的に再生させる効果があるため、凹凸やしこりを生みやすいというデメリットがあります。

PRPは安全性も高め

PRP自体は自身の血液組織のため、アレルギー反応は起こりません。
ただ、効果を高めるためにPRPに成長因子を追加配合しているクリニックもあり、配合物の内容や配合量に対して慎重なクリニックを選ばないと、ふくらみすぎやしこりなどのリスクが高まります。

整形バレもしない

PRPは厳密には整形ではありませんが、美容クリニックで施術したことがまずバレません。

仕上がりが自然なだけでなく、1~3ヶ月をかけてゆっくりふっくらしていくので、頻繁に顔を合わせる人はもちろん、久しぶりに会った人にも「あれ、なんか顔が元気になったね」といった反応をされます。

まぶた(目の上)PRP注入のデメリットは、各クリニックによって技術レベルに差が大きいこと

PRPは、1~3ヶ月後に状態のピークが来る施術です。

担当の医師はピーク時を予想して注入量を調整します。理想の形に仕上げるのにスキルが問われる施術と言えます。

PRP施術に力を入れているクリニックは、PRPの臨床データを蓄積し、成長因子の濃度と効果の具合について研究を重ねると同時に、医師同士の情報連携を強めて、PRP施術の満足度を上げる努力をしています。

逆を言うと、PRPが数ある施術の1つ、というだけの扱いのクリニックの場合、成長因子の濃度や配合量に説得力が乏しかったり、医師同士の知見の共有もあまりされていない可能性があります。
そういったクリニックでPRPを受けるのはなかなかにギャンブルです。

永続的な効果はない

PRPは自身の細胞を使って自然に若返る施術のため、永久的な効果はありません。持続期間は3~5年です。

腫れや内出血の可能性

注入注射のため、腫れや内出血を起こす可能性があります。
完治までに3日~2週間程度かかる場合があります。

【私が目の上PRPをした時のダウンタイム】

腫れのピークは通常翌日~2日後にきます。

まぶたPRPのダウンタイム

上の写真は、施術翌日の私の写真です。ご覧のように腫れましたが、「化粧品かなんかでかぶれた?」と聞かれるような腫れ方でしたので、施術したとは思われませんでした。

腫れた場合は、数日から14日程度で直ります。

まぶた(目の上)PRP注入の料金相場

目の上PRP注入の料金の相場は、1回あたり7万円~30万円と、クリニック毎に大きく変わります。
数万円で受けられるクリニックも存在しますが、1回の効果は各院で差があり、3回以上の施術を推奨しているクリニックが多いです。

大手クリニックの料金の一例

クリニック名 PRP1回あたりの金額
聖心美容クリニック 290,000円
(基本1回で十分な効果)
東京美容外科 70,000円
(複数回施術推奨)
SBC湘南美容外科 69,000円
(3回186,300円~)

※両目合わせての金額。

当日同時施術や追加注入が安くなるクリニックも

聖心美容クリニックは、加注入や当日の同時手術で、かなりお値段の総額を抑えることができます。

6ヶ月以内の追加注入 +1ccで70,000円

当日の複数施術 +140,000円

例えば、目の上と合わせて目の下を同時施術すると、430,000円となります。

SBC湘南美容外科の場合は、複数ヶ所を2ヶ月おきに3回受けるプランがあります。

2箇所3回コース 331,200円

3箇所3回コース 434,700円

目の上PRP注入の施術の流れ

実際の目の上PRP注入の流れについて、私が聖心美容クリニックで受けた時の体験写真を使いながらご案内していきますね。
※クリニックによって内容に多少の違いがあると思います、ご了承ください。

目の上PRP注入のための採血

施術室で横になり、採血をします。
採血の量は、血液検査と同じくらいの量です。

採血した血液から、遠心分離機を使って血漿版を抽出します。効果を高めるために、聖心美容クリニックなどのクリニックでは、ここで適量の成長因子を加えます。

目の上PRP注入 待ち時間

注入するPRP液の完成まで約30分ほど待ち、いざ注入です!

目の上に局所麻酔を打ってから、PRPを注入していきますが、痛みは感じます。痛みの感じ方は個人差・部位差が大きいです。私の場合は、目の上はそこまで痛くなかったです。

針を刺している時間も片目5分もなかったので、あっという間でした。

注入シーンは残念ながら掲載不可とのことで、続いて術後の写真をお見せしますね。

【目の上PRP注入直後の写真】

目の上のへこみにPRP 直後の写真

腫れ感があります。水分によって膨らんでいる状態です。

【目の上PRP注入 翌日の腫れ】

目の上にPRP注入 ダウンタイム

先ほどもお見せした、腫れた状態の写真です。

【目の上PRP 完成形】

目の上にPRP注入 2年後

こちらも先ほどお見せした、2回目注入から3ヶ月後の写真です。

この状態が2年経過時点の現在も続いていて、今後1~3年維持できる予想です。

私が受けた目の上PRP注入のまとめ

【私が受けた目の上PRPの概要】

手術名 目の上のPRP注入
手術料金 両目合わせて290,000円
手術時間 10分程度
ダウンタイム 4日(上の写真の通り)
ベストが持続した期間 現在2年経過、ピーク状態を持続中
完全消失までの期間(平均) 3~5年

私がPRPを受けた美容クリニックはここ!PRPで世界的権威の医学誌「PRS」で最高賞受賞「聖心美容クリニック」

聖心美容クリニック PRP体験談

私が5か所6回にわたってPRP注入をお願いしたクリニックは、「聖心美容クリニック」です。

聖心美容クリニックの詳細な評価は別ページでしていますのでここでは簡単にお伝えしますが、(⇒聖心美容クリニックを10項目で評価

  • 聖心美容クリニックの「PRP療法」は、世界で最も権威ある医学誌で最高賞を受賞
  • 医師の診察は無料なのに、めちゃくちゃ丁寧。前後写真も撮って状態を比較してくれる
  • 看護師さんも天使のようにやさしいし、受付スタッフさんも親切
  • 院内は半個室でプライバシーも守られる

聖心美容クリニックは、3万件をこえるPRP症例を蓄積して生み出された独自メソッドを持ち、血漿版の濃縮率の高さ(6~10倍)、リスクを最大限に押さえた成長因子配合量で、私のような濃いリピーターを獲得しています。

PRPは基本、複数回通う必要がある施術ですが、聖心美容クリニックは原則1回の施術で完結します。

私の症例は一症例ではありますが、聖心美容クリニックでのPRPの効果や仕上がり具合は、これまで写真でご覧いただいた通りです。

興味をお持ちになったら、まずは無料カウンセリングを受けてみられるのをおすすめします。