今回は、ヒアルロン酸注入歴5回、美容医療ヘビーユーザーの私が実際に体験した、「唇ヒアルロン酸注射」についてお伝えします。

私は唇三十苦でした。

唇ヒアルロン酸注入前

  • 唇が薄い。特に上唇が薄いため、鼻下が長いマヌケ顔に見える
  • 口角が下がっている。不機嫌じゃないのに機嫌悪い?って聞かれる
  • いつも乾燥している。皮がむけてカッサカサだから不健康そうだし老けて見える

ああ、潤いたっぷり厚みぽってりな、口角上向き唇美人になりたい。

そう思って、行きつけの美容クリニックでヒアルロン酸注入を受けたら、このような唇になれました!

唇ヒアルロン酸注入
※当画像はライター本人です。ノーメイクで撮影。施術部位の加工・補正は一切していません。

ビフォーの幸薄そうな貧相くちびるが、アフターではぷっくり上向きのアヒル口に。口角も上がって、セクシーチャーミングな唇に見えています。

本記事では、「モテ唇になりたい!!」とお悩みの人に向けて、実体験から唇ヒアルロン酸注射の施術の流れ、メリット・リスク、費用の相場などを詳細解説していきます。
本記事があなたのお役に立てますように。

※私が唇ヒアルロン酸注射を受けたクリニックはこちら⇒聖心美容クリニック

唇ヒアルロン酸注射でどう変わる?唇ヒアルロン酸注入の効果

ヒアルロン酸注入ビフォーアフター

ヒアルロン酸注入をすると、以下のような唇の整形ができます。

  • 上唇を持ち上げてアヒル口にする
  • リップラインをくっきりさせる
  • 縦ジワを薄くする
  • 左右の口角を持ち上げて不機嫌顔を解消
  • 薄い唇をぽってりボリューミーな唇にする
  • 上唇、もしくは下唇を厚くして上下の唇のバランスを良くする

唇へのヒアルロン酸注入は、極細の注射針を使って注入を行いますので、繊細なバランス調整が可能です。

また、ヒアルロン酸は保湿効果がある成分ですので、唇の潤いもキープしやすくなります。

針が刺している時間は5~10分、メスを用いての唇造形と違い、皮膚をめくりあげたり粘膜を縫い合わせる必要のない、安全性の高い施術です。

唇ヒアルロン酸注入では「縦幅を増やす」ことは出来ない

リスクが低く、数分で唇の形や厚さが変えられる唇ヒアルロン酸注入ですが、出来ないこともあります。それは、縦幅を増やすことです。

ですので、上唇を厚くしても鼻下から唇までの長さは変わりません。ただ、アヒル口を作った結果、上唇が上向きになり、正面から見た時に鼻下が以前よりも短めに見えるようになることはあります。

かたちの良い「うるおいリップ」へ!唇へのヒアルロン酸注射 施術の流れ

ここからは、一般的な唇ヒアルロン酸注入の流れを、私の現場の写真をお見せしながらご案内していきます。

聖心美容クリニック手術室

まずは、麻酔クリームを塗るか、局所麻酔の注射をします。(中には麻酔無しで行うクリニックもあります。聖心美容クリニックで行う場合は局所麻酔です。)

痛みはありますが、麻酔はほんの数秒で終わります。

麻酔後まもなく、医師の手によって唇に注射針が差し込まれ、ヒアルロン酸が注入されます。

唇へヒアルロン酸を注射

注入後に唇を抑えつけて中に入ったヒアルロン酸をなじませたら、完了です。ここまで10分~15分程度の所要時間です。(麻酔クリームの場合、麻酔成分を浸透させるのに30分ほど時間がかかります)

下の写真は私が実際に受けた唇ヒアルロン酸注入のビフォーアフターです。

【唇のヒアルロン酸注射 ビフォーアフター 正面】

唇のヒアルロン酸注射 ビフォーアフター
※ノーメイクで撮影、施術部位の加工・補正は一切していません。聖心美容クリニック問い合わせ先:0120-911-935

【唇のヒアルロン酸注射 ビフォーアフター 横顔】

唇のヒアルロン酸注射 ビフォーアフター 横顔

私は「アヒル口っぽくしたい」「笑ってなくても不機嫌顔に見られないようになりたい」「鼻下の長さが今よりも少しでも気にならないようにしたい」と希望を伝えた上で施術してもらいました。

写真を見ると、やはり上唇の縦幅の変化はほぼありませんが、若々しく健康的な、可愛らしいアヒル口にはなれた気がします。

唇ヒアルロン酸注入のメリット

症例写真をご覧いただいたところで、ヒアルロン酸注入のメリットについて詳しく見ていきます。

メスを使う手術に比べてリスクが少ない

唇へのヒアルロン酸注入のメリットは、何といっても「メスを使う施術にくらべて非常にリスクが少ない」ことです。

メスを使った唇整形には、例えば「上口唇短縮術」という鼻の下にメスを入れて上唇を引き上げる手術や、「皮弁法」という口内の粘膜を切って引き出して縫い合わせ唇の厚みを出す手術があります。

「上口唇短縮術」は鼻下にメスの跡が多少なりとも残ること、そして上唇を引っ張り上げて縫い合わせるため、上唇の形が富士山になりがちです。

「皮弁法」は、ふっくら厚くする唇の厚さがまちまちになってデザインが崩れたり、縫合の際引き攣れが起きて口腔内に違和感が出てしまうことがあります。

ダウンタイムがほぼない

ヒアルロン酸注入は、ダウンタイムもほぼありません。腫れても1~3日程度で引くことが多いです。一方の切開手術は、1週間以上強い腫れが続きます。

料金が安め

唇へのヒアルロン酸注入の料金の相場は、3万円~10万円程度と、比較的受けやすい金額です。
参考までに各クリニックで最安値のヒアルロン酸製剤の種類と料金について記載しておきますね。

唇へのヒアルロン酸注入の料金 書くクリニックの最安値一覧

クリニック名最安値の料金使われる注入剤
東京美容外科35,000円
初回限定22,000円
ニューラミスライト 他
湘南美容クリニック38,470円レスチレン ビタール
品川美容外科41,660円
初回価格20,830円
レスチレン®リド
城本クリニック60,000円
※地域による
レスチレン
聖心美容クリニック65,000円ジュビダームビスタRウルトラプラスXC
共立美容外科82,100円レスチレン

修正や除去ができる

ヒアルロン酸は、「ヒアルロニダーゼ」という分解酵素で溶かして除去できます。
万が一希望と違う形になった場合に、なかったことにできるのは大きな安心材料です。(ヒアルロニダーゼの使用は5万円程度の別途料金がかかります)

唇のヒアルロン酸注射の副作用と注意点・ダウンタイム

注射器1本で理想の唇を目指せる「唇ヒアルロン酸注射」ですが、以下のリスクや副作用があります。

赤みや腫れ

先述のように、内出血や赤み・腫れといった副作用が起こることがあります。ダウンタイムはクリニックが使用する針の大きさによっても変わってきますが、1~3日週間程度です。聖心美容クリニックは毛細血管を傷つけずに注入できる「pix’L(ピクセル)」という特殊な注射針を使っていて、内出血や赤みは起きずらくなっています。腫れ感はでることがありますが、通常2~3日で引きます。

アレルギー反応

ヒアルロン酸自体はもともと体にある安全な成分ですが、不純物を含むヒアルロン酸製剤を注入された場合にアレルギー反応が出る場合があります。
信頼性の高い製剤のみを扱っているクリニックを利用するのをおすすめします。

未熟な医師に当たると細胞の壊死のリスクも

ヒアルロン酸注射は、メスを使った手術と比べて非常に安全ではありますが、粗悪なヒアルロン酸を利用するクリニックや、1本のヒアルロン酸を複数の患者に使いまわすクリニック、未熟な医師による施術により、塞栓(注入物によって血管が塞がれ、血流が遮断し、皮膚が壊死してしまう)が起きた症例が報告されています。(確率で言うと0.02%)
信頼性に乏しいクリニックや、未熟な医師による施術は避けたいところです。

担当医の名前付で、症例写真を公表しているクリニックもありますので、「この先生だ!」と思えた人にお願いするのも一つです。

ご参考=担当医がわかる症例写真をアップしている美容クリニック

半年~1年程度で元に戻る

唇は良く動かすパーツのため、ヒアルロン酸注入の中でも特に持ちが良くない部位です。
平均6ヶ月程度で徐々にボリュームが減っていき、1年持たないこともあります。

唇のヒアルロン酸注射の種類と料金・持続期間

続いて、唇に使用される代表的なヒアルロン酸と、料金、目安の持続期間についてご案内します。

唇の使用するヒアルロン酸は、粒子が細かく柔らかかなテクスチャのヒアルロン酸です。
ここでは、広く流通していて、生態的合成100%のヒアルロン酸2種をご紹介します。
実際に何を注入するかは状態や希望に合わせて医師が提案してくれますが、安全性が高い薬剤にこだわりたい場合は、カウンセリング時に伝えましょう。

ジュビダームビスタ®ウルトラXC

ジュビダームビスタRウルトラプラスXC

なめらかで自然な仕上がりになる製剤で、圧倒的認知度があります。口唇に注入した場合の持続期間は6~15ヶ月。麻酔成分配合。

ジュビダームビスタRシリーズは、国内で唯一厚生省から認可されているヒアルロン酸で、生体適合性100%・非動物性の安全な製剤です。発売元はヒアルロン酸界のアップル的存在アラガン社。

クレヴィエル・プライム

クレヴィエル・プライム

高濃度・高密度ヒアルロン酸。ぷっくらとしたボリュームを出すのが得意な製剤。
国内認可はありませんが、ジュビダーム同様に生体適合性100%・非動物性で安全性が高い製品です。持続期間は6~15ヶ月。

唇ヒアルロン酸注入のクリニック料金比較

各大手クリニックの料金一覧を載せておきますね。下は1本1mlでの比較です。
唇への注入は通常0.5ml程度で済みますが、安全管理の都合上、1本買取りでの料金となる場合が多いです。

【ジュビダームビスタ®ウルトラXC】

東京美容外科35,000円
品川美容外科45,000円
湘南美容クリニック50,000円
聖心美容クリニック65,000円※
共立美容外科82,100円

※聖心美容クリニックには、効果を長持ちさせるための「一ヶ月以内追加注入プラン」があり、ジュビダームビスタRウルトラプラスXCを後日追加注入する場合は9万5000円となります。

【クレヴィエル・プライム】

聖心美容クリニック85,000円(税抜)
東京美容外科80,000円(税抜)
湘南美容クリニック75,000円(税込)
モニター価格 59,800円(税込)
城本クリニック98,000円

※聖心美容クリニックには、効果を長持ちさせるための「一ヶ月以内追加注入プラン」があり、クレヴィエル・プライムを後日追加注入する場合は12万円となります。

クリニック毎に医師の技術レベルや患者への意識の持ちようは違います。金額だけで判断しない方が良いかもしれません。

まとめ:形が良くて若々しい艶やかリップになりたかったら、ヒアルロン酸注射で即解決!

若々しいぽってり唇を手に入れたかったら、高級な美容成分が含まれたリップを使い続けるより、速効性の高いヒアルロン酸注入がおすすめです。

ヒアルロン酸は永久性はありませんが、半年でなくなるとしても、月々5千円~のコストで潤いと理想のかたちの唇が維持できます。
しかも、注入し続けることで維持期間は長くなっていくので、コスパはどんどん良くなっていきます。

ただ、注射一本とはいえ、ヒアルロン酸注射は医療行為です。

粗悪なヒアルロン製剤を使っていた李、未熟な医師に担当させるようなクリニックに、あなたの大事な顔を預けてはいけません。
料金の安さに惑わされ過ぎずに、クリニック選びはどうか慎重に行ってくださいね。

【私が受けた唇ヒアルロン注射の概要】

手術名唇へのヒアルロン酸(ジュビダーム)注入
手術料金65,000円
手術時間10分程度
ダウンタイム0日(通常0~7日程度)
ベストが持続した期間10ヶ月
完全消失までの期間(平均)半年~1年(体内に吸収されてゆっくり減っていく)

私が唇のヒアルロン酸注射をしたのは「聖心美容クリニック」

聖心美容クリニックで頬ヒアルロン酸注入

私は聖心美容クリニックをリピしていて、十数回の注入施術のうちのほとんどを、聖心美容クリニックで行っています。

その技術力は、これまでお写真でご覧いただいた通りです。

聖心美容クリニックでは、すべて日本の厚生労働省やアメリカのFDAが認めたメーカーの純正ヒアルロン酸を使っています。

カウンセリングは無料ですので、唇プチ整形に興味が沸いた際には、一度カウンセリングを受けてみても良いかもしれません。

聖心美容クリニックを10項目から評価